教えて保育の参考書(毎週更新‼)

~現役保育士が保育士目線で“保育士向け”にまとめた最新情報。男性保育士、新人保育士必見~

保育関連の施設による特徴

企業内保育所(事業所内保育室)ってどんなトコロ?

2017/10/02


近年、主要都市を中心に企業内保育室(事業所内保育室)が続々と作られています。
今回は企業内保育所が作られる理由や職場の環境について、また、実際に勤務するための応募条件などについてお話ししていきます。

企業内保育室を作る理由

企業が自社内に保育室を作る最大の理由として、主要都市で認可保育園が圧倒的に足りていないことが挙げられます。
保育園や幼稚園でも同じことが言えますが、企業にとって長年勤めてくれた方は知識も経験も豊富なかけがえのない戦力。経験年数を重ねてたくさんのことを吸収した人材は、何物にも変えられない宝物なのです。
ですが、現在は膨大な数の待機児童がおり、仕事に復帰したくとも預け先の保育園がなかなか見つからない状態となっております。
働きたいという気持ちがあっても働けないお母さんと、働いてもらいたい企業。
そこで、「大事な従業員のお子さんが保育所に入所できないせいで職場の復帰に戻れない」 ⇒ 「それなら会社の中に保育園を作ったらどうか?」といった発想から生まれたのが企業内保育園なのです。

企業内保育所(事業所内保育室)の職場環境

基本的には少人数制の保育室が多いため、特徴としては小規模認可保育園と似ています。一人ひとりのお子さんとじっくりと向き合うことができ、子どもの個性に応じた保育をしやすい環境です。
さらに、低年齢児が多いため、時間に追われることなく保育に集中することができます。

また、企業によっては開所時間が短かったり、土・日・祝はお休みだったりするため、開所時間の長い保育園と比べるとシフトの幅が狭くなる場合もあります。
ただ、反対にそういった環境の為、行事はほとんど実施をしないか、やるとしてもかなり小さな規模で実施する場合がほとんどです。
昔からお祭りごとが大好きで『行事に全力を費やしたい』って方にとっては、少し物足りなく感じることもあるかもしれません。

実際に勤務している人って?

企業内保育室は、認可保育園などを多数運営している保育事業者が、大手企業から受託を受けているケースが多く見受けられます。
※例:サクセスアカデミー、ポピンズ、アートチャイルドケア、ピジョンハーツ、アイグラン、キッズコーポレーション、アンフィニ、日本福祉総合研究所、アピカル、アミーなど(順不同、敬省略)

元々、企業としては自社で働く従業員の大切なお子さんを預かる施設の為、入職時からスキルや経験が十分ある保育士を求める傾向があります。
また、学童・児童館や院内保育室と同じく、求人数が少ない上に人気職種の為、新卒で入ることはかなり困難であると言えるでしょう。

企業内保育所で働きたい方にとってオススメのお仕事探しの流れとしては、
1、上記に記載しているような保育事業者に入社し、毎年異動希望を出す。
2、一旦認可保育園などに入職して、3年くらい経験を積む。

少し遠回りにはなりますが、いっときの苦労。
その先に待ってる目標の為に、頑張ってみてください。


-保育関連の施設による特徴

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。